水戸ホーリーホック

単位: 百万円
所属順位営業収入営業費用営業利益営業外収益営業外費用経常利益特別利益特別損失税引前法人税等当期純利益関連法人
2005J2103103018--18----18-
2006J2103413383---2-----2-
2007J212301337-36---40-----40-
2008J211349361-12---9-----9-
2009J2841339914--14----6-
2010J216366380-14---13-----16-
2011J2174363874902471354606-
2012J213483479411425128028-
2013J215508507121220404-
2014J215518548-3021-2900-290-29-
2015J219561561031200202-
2016J213589586310400404-
2017J214578588-1010-900-90-9-
2018J210621623-230100101-
2019J277527448008029-210-217

概要

水戸ホーリーホック

営業収入推移

0100200300400500600700
200520062007200820092010201120122013201420152016201720182019
  • 正式名称: 水戸ホーリーホック
  • 法人名: 株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック
  • 所属カテゴリ: J2
  • ホームタウン: 水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、小美玉市、茨城町、城里町、大洗町、東海村
  • 活動区域: 茨城県
  • 経営情報: https://www.mito-hollyhock.net/news/p=470/
  • 関連する法人: 一般社団法人ホーリーホックIBARAKIクラブ

損益計算書

損益計算書(P/L)は企業の一年間の経済活動の内容と収支を示す表です。

損益計算書の見方

プロスポーツクラブの損益計算書の最も単純な見方は、営業収入の大きさを見ることです。営業収入が大きいほど、つまり経営規模が大きいほど優れたクラブであると言えます。一方で、あとで詳しく説明しますがプロスポーツクラブにおいて単年での黒字・赤字、すなわち当期純利益の大小はあまり重要ではありません。

ぶっちゃけた話、ほとんどの人にとってJクラブの経営情報は営業収入の大きさだけを見れば十分です

損益計算書の項目

営業収入

営業収入とは、企業の営業活動によって生じた収入です。

プロスポーツクラブの営業収入の内訳は、スポンサー収入、入場料収入、Jリーグ配分金、物販収入、賞金、移籍金収入などです。このうちスポンサー収入入場料収入放映権料(リーグ配分金)が大部分を占めます。

内訳の詳細は営業収入の項で説明しています。

営業費用

営業費用とは、企業の営業活動によって生じた費用です。

プロスポーツクラブの営業費用の内訳は、チーム人件費、試合関連経費、トップチーム運営経費、アカデミー関連経費、女子チーム運営経費、物販関連費、販売費および一般管理費などです。営業費用のうちおよそ半分が選手や監督の年俸を含むチーム人件費に費やされます。

内訳の詳細は営業費用の項で説明しています。

営業利益

営業利益 = 営業収入 - 営業費用

営業利益は営業収入から営業費用を引いた値です。

営業外収益

営業外収益は先に述べたクラブの営業活動以外から生じた収入です。プロスポーツクラブの営業外収益の内訳は、受取利息、寄付金収入、補助金収入、リーグ支援金(配分金ではない)収入、その他などです。定常的に一定規模の営業外収益が存在するクラブがありますが、これは後援会などの支援によるものだと思われます。

営業外費用

営業外費用は先に述べたクラブの営業活動以外から生じた費用です。内訳は、支払利息、株式交付費、為替差損など。選手・スタッフとの契約解除に際に生じる違約金も営業外費用に参入されるようです。ただし、これはクラブによって異なっていて、契約解除金を特別損失に含める場合もあります。

経常利益

経常利益 = 営業利益 + (営業外収益 − 営業外費用)

経常利益は営業利益に営業外利益(営業外収益から営業外費用を引いた値)を加えた値です。

特別利益

特別利益はクラブの経済活動とは関わりのない、一時的に発生した収益です。寄付金収入など。スポンサー料ではない親会社からの損失補填も特別利益として計上されます。

特別損失

特別損失はクラブの経済活動とは関わりのない、一時的に発生した費用です。契約金償却損、固定資産除却損、監督の契約解除金など。

当期純利益

税引前当期利益 = 経常利益 + (特別利益 − 特別損失)

当期純利益 = 税引前当期利益 - 法人税および住民税等

当期純利益はクラブの一年間の経済活動の収支です。当期純利益がプラスであることを黒字、マイナスであることを赤字と言います。2012年に導入されたJリーグクラブライセンス制度ではクラブ経営健全化の目的で「3期連続赤字の禁止」が定められていましたが、2018年の改正によって事実上の撤廃となりました。

当期純利益は一般企業にとっては「結果」ですが、プロスポーツクラブは収支が均衡するように経営を行うので、(よほどの数値でない限り)当期純利益に意味はほとんどありません。よって当期純利益のクラブ間の比較も無意味です。

単年の収支は問題ではありませんが、赤字が積み重なっていくと債務超過になる恐れがあります。債務超過のクラブにはJリーグクラブライセンスは交付されません。プロスポーツクラブの経営情報では、当期純利益は貸借対照表の項目と合わせて見るのが良いです。

関連する法人の営業収益

関連する法人(アカデミーなどサッカー及びその他関連する事業を運営する法人)の営業収益は、別法人の営業収益であるため損益計算書には含まれませんが、2018年度の経営情報開示から参考として掲載されるようになりました。

C大阪や湘南など、アカデミー、普及、総合型スポーツクラブの活動を一般社団法人や公益財団法人が運営しているクラブがあります。この法人をクラブのグループ会社と捉えるならば、営業収入に関連法人の営業収益を加えたものを実質的なクラブの規模として考えていいかもしれません。

プロスポーツクラブ経営の考え方

プロスポーツクラブは利益を出すことを目的としていません。何故でしょうか。プロスポーツクラブは利益を競っているわけではないからです。収入が大きくなればその分だけトップチームの強化や育成・普及に使いたい。より良い選手を獲得したい。アカデミーに投資したい。収入を出来るだけ競技力に投資したいというのがプロスポーツクラブの一般的な考え方です。

つまりプロスポーツクラブの経営は競技力やその他様々な事項を考慮した上で評価しなければなりません。単年で多額の黒字を出したとしてもチームが降格してしまうようであれば、それは収入を競技力に反映できなかった経営の「失敗」と言っていいでしょう。

当期純利益の項目で述べた通り、債務超過のクラブにはJリーグクラブライセンスは交付されないため、債務超過になることは絶対に避けなければなりません。ですが債務超過寸前という場合でなければ、特に目的のない多額の黒字を出すよりは多少の赤字になったとしても収支が均衡するように強化や育成に投資する経営が理想とされます。勿論単年黒字に越したことはないのですが、越したことはないという程度です。そのような考え方でプロスポーツクラブは運営されています。

冒頭で述べた通り、営業収入の大きさこそプロスポーツクラブの経営力です。収入が大きくなることで、トップチームの強化やアカデミー・育成普及など競技面への投資が可能になります。どのJクラブもクラブの売上を増やして、クラブの規模を大きくするために力を尽くしています。

参考

データについて

このサイトで使用しているデータは、Jリーグが発表しているJクラブ個別経営情報開示資料を基に独自で入場者数などのデータを追加・加工したものです。データは下記の一次ソースを明記した上で(このページ、つまり「Jクラブ経営情報2005-2019」の記載は不要です)ご自由に利用ください。データ加工時に欠損が発生している可能性があります。データ利用の際には念のため一次ソースを確認してください。

数値の単位はJリーグ発表と同様に「百万円」としています。「100」は1億円を表します。

Jクラブ個別経営情報開示資料

その他のデータソース

参照

経営情報の解説のために参照したページ

更新情報

制作

@cieloazul310

データの欠損を見つけたらTwitter等で教えていただけるとありがたいです。